ロハスなリラクゼーション癒される言葉【名言セラピー 】

  

食   品

【血糖値の上昇を穏やかにする】

食事後の急激な血糖値の上昇を抑える味・香り・色にこだわった粉末タイプの緑茶
<難消化性デキストリン>
いつものコーヒーを変えるだけで手軽に続けられる健康習慣『フィットライフコーヒー(60包)』
<難消化性デキストリン>
食事で摂った糖の吸収をおだやかにする緑茶風味でカロリーゼロの『大正製薬 グルコケア』
<難消化性デキストリン>


【血圧が気になる方に】

<かつお節オリゴペプチド>
血圧が高めの方に!毎日1粒の健康タブレット『ロッテ ギャバ・20 タブレット』
<γ-アミノ酪酸(GABA)>


【食物繊維たっぷりでおなかに優しい】

海の食物繊維がたっぷり! おいしいコーンポタージュ『コレカットポタージュ(18袋)』
<低分子化アルギン酸ナトリウム>


【お腹の調子を整えます】

ケールに現代人が不足しがちな食物繊維を加えた便通改善に役立つおいしい『おなか大切青汁』
<難消化性デキストリン>
解決したい、「お通じ問題」に、ビフィズス菌を増やして腸内環境を良好に『エコライフ』
<イソマルトオリゴ糖>
善玉菌の代表・ビフィズス菌のみをどんどん増やして、健康維持を!『パワフルオリゴ100』
<フラクトオリゴ糖 >
つぼ造り純米黒酢「坂元の黒酢」をベースに作った『坂元の天寿りんご黒酢』
<ガラクトオリゴ糖>


【コレステロールが気になる方】
コレステロールの吸収を抑える働きがある、レモン風味の『大正製薬 コレスケア』
< 低分子化アルギン酸ナトリウム >


【コレステロールが気になりお腹の調子を整えたい方】

さわやかな香りのレモンライム味の粉末ゼリージュース
< サイリウム種皮 >
さわやかな香りのアップル味の粉末ゼリージュース
< サイリウム種皮 >
さわやかな香りのアセロラ風味の粉末ゼリージュース
< サイリウム種皮 >
食物繊維が不足しがちな現代人の食生活の改善に役立つ『コレカットレモン(30缶)』
< 低分子化アルギン酸ナトリウム >
食物繊維が不足しがちな現代人の食生活の改善に役立つ『コレカットグレープフルーツ(30缶)』
< 低分子化アルギン酸ナトリウム >
食物繊維が不足しがちな現代人の食生活の改善に役立つ飲料『コレカットピーチ(30缶)』
<低分子化アルギン酸ナトリウム>


【歯を丈夫で健康にする食品】

毎日の生活習慣にみんなで食べられる大容量ボトル『キシリトールガム ファミリーボトル』
<キシリトール>
高い再石灰化効果が認められた特定保健用食品『グリコ ポスカム』
<POs-Ca(リン酸化オリゴ糖カルシウム)>

お役に立ちましたら、クリック↓人気ブログランキング!
お願いします! 
   
【ロハスな生活で健康ライフ 】トップページに戻ります

【特定保健用食品の分類】  おなかの調子を整える食品   

快便を促し、おなかの中の環境を整えて、食生活に起因するさまざまな生活習慣病の危険要因(リスク)の低減・除去に役立ちます。

おなかの調子を整える食品はこの健康な状態の「便」が毎日、規則正しく排泄されるよう、またおなかの中の環境が健康に保たれるよう、特に設計された食品です。

『特別保健用食品』をもっと取り入れましょう!

オリゴ糖類を含む食品

・キシロオリゴ糖 
・フラクトオリゴ糖 
・大豆オリゴ糖 
・イソマルトオリゴ糖 
・乳果オリゴ糖 
・ラクチュロース 
・ガラクトオリゴ糖 
・ラフィノース

乳酸菌類を含む食品

・ラクトバチルスGG株 ・ビフィドバクテリウム・ロンガムBB536 
・Lactobacillus delbrueckii subsp.bulgaricus2038株とStreptococcus salivarius subsp.thermophilus1131株 
・ヤクルト菌(L.カゼイ・シロタ株) 
・B.ブルーベ
・ヤクルト株 
・Bifidobacterium lactis FK120 
・Bifidobacterium lactis LKM512 
・L.アシドフィルスCK92株とL.ヘルベティカスCK60株 
・カゼイ菌(NY1301株) 
・L.カゼイSBR1202株

食物繊維類を含む食品

・ポリデキストロース 
・サイリウム種皮由来の食物繊維 
・難消化性デキストリン 
・グアーガム分解物 
・小麦ふすま
・低分子化アルギン酸ナトリウム 
・ビール酵母由来の食物繊維 
・寒天由来の食物繊維 
・小麦外皮由来の食物繊維 
・水溶性コーンファイバー 
・難消化性でんぷん

い修梁召寮分を含む食品

・プロピオン酸菌による乳清発酵物

【特定保健用食品の分類】  コレステロールが高めの方の食品  

動脈硬化の原因・コレステロールの上昇を抑えて、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の危険要因(リスク)の低減・除去に役立ちます。

脈硬化を引き起こすコレステロールのとりすぎに注意!?

動物性脂肪やコレステロールの多い食品を過剰に摂取して、血中濃度が高い状態を放置しておくと、血管壁にたまって動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や脳梗塞といった生活習慣病を引き起こすことになることもあります。

食生活が肉類中心の方はコレステロールの取りすぎに注意する必要があります。

『特定保健用食品』をもっと取り入れましょう!

<特定保健用食品に利用されている成分 >

・大豆たんぱく質
・キトサン
・低分子アルギン酸ナトリウム
・サイリウム種皮由来の食物繊維
・リン脂質結合大豆ペプチド(CSPHP)
・植物ステロールエステル
・植物スタノールエステル
・植物ステロール
【特定保健用食品の分類】
コレステロールが高めの方、おなかの調子を整える食品

「コレステロールが高めの方の食品」と「おなかの調子を整える食品」の2つの保健の用途をもった食品です。これらのトクホにはコレステロールを吸着して排泄することで血中コレステロールの上昇を抑え、腸内の水分を吸って膨らみ便量を増やし、さらに腸を刺激しておなかの調子を整えます。

『特定保健用食品』をもっと取り入れましょう!


<特定保健用食品に利用されている成分 >

・低分子化アルギン酸ナトリウム
・サイリウム種皮由来の食物繊維
【特定保健用食品の分類】  血圧が高めの方の食品

血圧を高める要因を抑えて、高血圧・脳卒中など生活習慣の危険要因(リスク)の低減・除去に役立ちます。

高血圧が問題になるのは、自覚症状がほとんどないまま悪化し、そのまま放置しておくと、やがて動脈硬化を促進するためその結果、心疾患・脳血管疾患などの合併症を引き起こしてしまいます。ふだんから血圧チェックをして、上手にコントロールすることが健康を守る第一歩です。

血圧は血管が狭くなったり、弾力を失ったり、心臓からの血液量が増えると上昇します。例えば、ストレスで血圧が高くなるのは、交感神経が緊張し、血管が狭くなることが原因です。また動脈硬化による血圧上昇も、血管が弾力を失って狭くなるからです。

『特定保健用食品』をもっと取り入れましょう!

<特定保健用食品に利用されている成分 >

・杜仲葉配糖体(ゲニポシド酸)
・カゼインドデカペプチド
・バリルチロシンを含むサーデンペプチド
・かつお節オリゴペプチド
・ラクトトリペプチド(VPP、IPP)
【特定保健用食品の分類】  ミネラルの吸収を助ける食品

ミネラルは、身体の外から補給しなければなりません。日本では、特に子供と女性にカルシウムや鉄が足りない傾向があります。

カルシウムは骨や歯の重要な成分で、不足すると骨や歯の形成に支障が出たり、骨折しやすくなります。

高齢期になると骨粗鬆症の原因になります。

鉄は不足すると貧血となり、頭痛やめまい、疲労を訴えるようになます。

口から食べたミネラルは一般に吸収されにくい傾向があり、食物繊維や他のミネラルなどの食品成分によって、吸収阻害を受けます。

「特定保健用食品」として認められているカルシウムと鉄は、たんぱく質などの物質がミネラルを保護することにより、溶解性が高く保持された物質ですので吸収が良く、毎日補給することにより体内の不足分を補うことができます。

『特定保健用食品』をもっと取り入れましょう!

<特定保健用食品に利用されている成分 >

・CCM(クエン酸リンゴ酸カルシウム)
・CPP(カゼインホスホペプチド)
・ヘム鉄
・フラクトオリゴ糖
【特定保健用食品の分類】  骨の健康が気になる方の食品

私たちの体を支える骨は、折っても、時間が経つと、くっつきます。

骨の有機物質と無機物質の総量(骨量)は20歳代が最大といわれ、その後は加齢と共に減少していきます。

ホルモンの変化や運動、摂取食品の栄養などは骨量の減少に影響します。

小さなうちから骨量をできるだけ高め、また骨量の減少を抑えることが、将来、骨粗鬆症などのリスクを減らすのに役立ちます。


カルシウムは骨を丈夫にする栄養素ですが、摂取されたカルシウムは平均30%程度しか吸収されず、残りの70%前後は吸収されないといわれています。

摂取したカルシウムの効率よく吸収させ、骨への利用、つまり骨の形成と破壊のバランスがうまくとられることが骨の健康にとって重要なのです。

『特別保健用食品』をもっと取り入れましょう!

<特定保健用食品に利用されている成分 >

大豆イソフラボン
フラクトオリゴ糖
MBP(乳塩基性タンパク)
ビタミンK2(メナキノン-7)
【特定保健用食品の分類】
むし歯の原因になりにくい食品と歯を丈夫で健康にする食品

私たちが健康な生活を送る上で、基本となることは「食べること」であり、「食べる」ために必要となる器官は「歯」です。

歯の健康を損なう大きな原因としては、むし歯と歯周病が挙げられます。これらの予防は、すべての世代を通して人々の健康な食生活を維持するとともに生活の質をも高めるものです。

そのためには、むし歯発生のメカニズムを正しく理解し、歯磨きなどの有効な予防法を正しく実行することが必要です。

むし歯の原因には、食事、歯の質、むし歯菌の三つの要素があります。これら三つの要素が重なって、むし歯になります。

食事や間食時にむし歯菌(ミュータンス菌など)の栄養源になる糖質(砂糖など)を摂取すると、むし歯菌によって糖質が酸に変えられて、歯垢(プラーク)内のpHが著しく低下します。この酸にさらされる時間が長いと歯が溶け出して、むし歯になっていきます。

「むし歯の原因になりにくい食品」は、プラーク内で酸が生成されず、pHが低下しない食品を指します。そのために、本食品にはプラーク内のむし歯菌の栄養源にならない糖質が主に使用されております。さらに、むし歯菌の増殖を抑制する物質などが添加されている場合もあります。これらの成分を利用した食品に「むし歯の原因になりにくい食品」である旨の表示が許可されています。しかしながら、砂糖や澱粉などの糖質は、私たちが生きていくためにも重要な栄養素です。

一方、だ液中にはカルシウムとリン酸塩が十分含まれており、脱灰した工ナメル質がこれらの成分を取り込むと脱灰は修復されます。これを再石灰化(さいせっかいか)といいます。

歯の表面ではこの脱灰と再石灰化が繰り返され、バランスが取れた状態で歯の健康が保たれます。しかし、このバランスが脱灰に傾くと、むし歯が進行していきます。

「歯を丈夫で健康にする食品」は、「歯の再石灰化を促進する成分」が配合されています。

そのため、通常だ液によって行われる再石灰化の作用を促進し、歯を健康で丈夫に保ちます。「歯を丈夫で健康にする食」は、習慣的に摂取することにより効果を得ることができます。

『特定保健用食品』をもっと取り入れましょう!

<特定保健用食品に利用されている成分 >

< 歯の再石灰化を促進する成分 >
CPP-ACP(カゼインホスホペプチド-非結晶リン酸カルシウム複合体)
リン酸-水素カルシウム
フクロノリ抽出物(フノラン)
リン酸オリゴ糖カルシウム

< むし歯の栄養素にならない成分 >
キシリトール
還元パラチノース
マルチトール
【特定保健用食品の分類】  血糖値が気になり始めた方の食品

糖の吸収をおだやかにして、糖尿病などの生活習慣病の危険要因(リスク)の低減・除去に役立ちます。
糖尿病の早期発見に、定期的に健康診断 を受けましょう。

高血糖のメカニズム
食事から摂取した糖質がフドウ糖として吸収され、体の各部で工ネルギーとして活用されるためには、そのブドウ糖を体の細胞に取り込むホルモン、「インスリン」が必要です。

糖尿病は、このインスリンが不足したり、遅れて分泌されることにより、ブドウ糖が細胞に十分取り込まれず血液中に多く残り、慢性的に高血糖が続く病気です。

『特定保健用食品』をもっと取り入れましょう!

<特定保健用食品に利用されている成分 >

・難消化性デキストリン
・グァバ葉ポリフェノール
・小麦アルブミン
・L-アラビノース
・豆鼓エキス
【特定保健用食品の分類】 血中中性脂肪、体脂肪が気になる方の食品

食事による脂肪の体内蓄積を抑え、肥満、高脂血症、動脈硬化など生活習慣病の危険要因(リスク)の低減・除去に役立ます。

脂肪が体につきすぎた状態が肥満です。
成人の肥満者は4〜5人に1人の割合に増加しています。過体重や肥満は高脂血症、糖尿病、高血圧などの生活習慣病が起こりやすくなるため、注意が必要です。

また、食事脂肪の摂取量が増すにつれて、血清中性脂肪値は上昇し、日本人成人の半数以上が境界域(中性脂肪値:110〜150mg.dL)及び治療域高脂血症状態にあります。

肥満と食事とは密接な関係があります。食事摂取、特に脂質摂取割合については食生活の欧米化や運動量の減少に伴い、年々増加傾向にあり、その量だけでなく質の管理も大切です。

食事に含まれる油は分解され、小腸から吸収された後、再び中性脂肪として再合成され血液中に出ていきます。中性脂肪は筋肉などでエネルギーとして使われる大切な栄養素ですが、余った中性脂肪は脂肪細胞に蓄積されます。体に欠かせない工ネルギー源として必要ですが、多すぎると困る中性脂肪。

『特別保健用食品』をもっと取り入れましょう!

<特定保健用食品に利用されている成分 >

・ジアシルグリセロール
・グロビン蛋白分解物
・中鎖脂肪酸
・茶カテキン
・EPAとDHA