ロハスなリラクゼーション癒されるミュージック


トップページアロマテラピーアロマテラピー【カモミール】の効果
  

アロマテラピー


chamomile

≪特 徴≫
カモミールはイギリス原産の植物で、ドイツ、フランス、モロッコで栽培されています。30センチほどの草丈で、中央部が黄色く、白い花びらをつけています。寒さには強いが、過湿や蒸れが苦手です。花を利用した、カモミールティが有名です。とてもリラックスできます。代表的なハーブの一つで、ヨーロッパでは芝生代わりに用いられたりしてきました。近くの植物の病気を治すことから「植物の医者」とも呼ばれ、葉の浸出液を苗に散布すると、立枯病の予防になるといわれます。リンゴの甘い香りが全草に香ります。安眠や美容に効果があるといわれるため、ハーブティーとしても人気があり、花をフレッシュまたはドライにして抽出します。また、入浴剤やポプリなどにも用いられます。ローマンカモミールは、多年草ということを除けば、特徴も利用法もジャーマンカモミールと変わりませんが、学名は「Chamaemelum nobile」であり、2つは全くの別種です。 また別種のダイヤーズカモミールは染料として用いられます。


≪香 り≫
甘いリンゴのような香り
マーガレットに似た白い花が咲きます。
≪美容に良いこと≫
炎症を鎮める、抗アレルギー作用、皮膚軟化作用、湿疹、皮膚炎、ニキビ、虫さされ、 抜毛、火傷、など
≪体に良いこと≫
鎮痛作用、月経の開始を促し調節する作用、頭痛、神経痛、更年期障害、腸内調整、不眠症、など
≪心に良いこと≫
落ち着きをもたらす
≪効 果≫
カモミールはリラックス効果や、鎮静効果があり、炎症などに適しています。浴用にすると、とてもお肌に優しく、イライラを沈め、深い眠りをさそいます。考えすぎて心配性の傾向がある人や感情的な動揺を受ける神経過敏症の人に向きます。とっても甘くて、まるでリンゴの蜜の味が、脳の中にとけ込んでくるような感じがします。心が落ち着き、イライラ気分が簡単に吹き飛んでしまいます。寝付きの悪いときも、カモミールが最高です。白い花びらがとってもかわいらしく優しく包み込んでくれます。


その他のアロマオイルはこちらです。

お役に立ちましたら、クリックをお願いします! 
 ↓ ↓ ↓    人気ブログランキング!


【ロハスな生活で健康ライフ 】トップページに戻ります
トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔